固定ページや投稿ページでphpを使わずにショートコードを使えるようにする:WordPress

 この記事は最終更新から5年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

Wordpressの固定ページや投稿ページに画像を表示する場合、Exec-PHPを使用して、次のような記述をすると思います。


最近はWordpressの乗っ取り等の被害報告も多く、可能な限り固定ページや投稿ページではphpを使わないようにした方が安心です。

ですので、functions.php に以下を追加して、phpの代わりにショートコードを使えるようにします。

【STEP.1】functions.phpの編集

//homeをショートコード化
function shortcode_url() {
 return get_bloginfo('url');
}
add_shortcode('url', 'shortcode_url');

//template_directoryをショートコード化
function shortcode_templateurl() {
    return get_bloginfo('template_url');
}
add_shortcode('template_url', 'shortcode_templateurl');

//wpurlをショートコード化
function shortcode_wpurl() {
    return get_bloginfo('wpurl');
}
add_shortcode('wpurl', 'shortcode_wpurl');

実際に使用するときはこんな感じになります。




※ショートコードで記述した画像は「ビジュアルエディタ」で表示されません

以上で対応完了となります。ご対応が難しい場合にはご相談いただけますようお願いいたします。

コーディングの代行、デザインを含めたオーダーメイドでのサイト制作、完成後の運用・保守を行うWebメンテナンスプランもご用意しておりますので、お悩みに合わせてお気軽にお問い合わせください。

03-5950-0525平日10:00〜19:00