[コラム]ホームページ制作に使える「小規模事業者持続化補助金」

「小規模事業者持続化補助金」とは

持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。

この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。

引用元:中小企業庁「ミラサポplus」
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金メニュー

小規模事業者持続化補助金」は、個人事業主や小規模事業者(従業員の数が5人または業種により20人以下)が商工会議所のサポートを受け販路開拓に取り組む場合に、50万円を上限に費用の3分の2(コロナ特別対応型は上限100万円、最大4分の3)を支援してくれる制度です。

対象となる制作

販路開拓のための取組」が対象となるため、「ホームページ」や「ECサイト(ネットショップ)」の制作も対象となります。また、「広告」も対象となるため、かなり広い範囲が対象となる補助金です。
例えば、MDSでお手伝い出来るもので申請対象となるものを挙げると次のようなものがあります。

  • 新規ホームページ制作
  • ホームページリニューアル
  • ECサイト(ネットショップ)の制作
  • ホームページやECサイトの保守管理
  • WEB上での広告
  • 広告用のバナー制作

持続化補助金の申請から補助金受領までの基本的な手続きの流れ

事業計画書・補助事業計画書の作成
地域の商工会議所での補助事業者の要件を満たしているか等の確認を受けるとともに、支援機関確認書の作成・交付を依頼
送付締切までに日本商工会議所(補助金事務局)へ申請書類一式を送付
日本商工会議所による審査
交付決定・販路開拓の取組実施

「商工会、商工会議所のサポートを受けながら」とありますが、商工会議所の会員でなくとも申請可能です。
また、「支援機関確認書(様式3)」もコロナ特別対応型では任意になりましたが、補助金申請のサポートを受けられるため、まずは地域の商工会・商工会議所にご相談いただくと良いのではないでしょうか。

実際のサイト制作は交付が決定してからになります。
申請に必要なお見積もりは無料で承っておりますので、申請をお考えの方はお気軽にMDSにご相談ください。

一般型は第4回が2021年2月5日(金)申請締切となっており、「コロナ特別対応型」も2020年12月で申請受付を終了しましたが、例年通りならば来年度もまた募集があり、「コロナ特別対応型」も「低感染リスク型ビジネス枠」に改編されることが閣議決定しています。
予算が少なくなってくるからか、年度後半ほど採択が絞られている傾向もありますので、ぜひ、この機会にご検討ください。

コーディングの代行、デザインを含めたオーダーメイドでのサイト制作、完成後の運用・保守を行うWebメンテナンスプランもご用意しておりますので、お悩みに合わせてお気軽にお問い合わせください。

03-5950-0525平日10:00〜19:00